包茎治療の体験まとめサイト

包茎治療は泌尿器科やクリニックで余った皮を切除するということが基本です。
真性包茎やカントン包茎の場合は放置しておくとさまざまな弊害があることから、泌尿器科で手術を受ければ保険が適用されて費用がわりやすになります。
包茎治療にはいくつかの種類がありますから、医師とよく相談をして納得のいく治療方法を選びましょう。

包茎治療の種類

真性包茎やカントン包茎は包皮口を広げて亀頭が露出できる状態にして、余分な皮を切除し縫合するという手術になります。
手術方法としては器具を用いる比較的簡単なクランプ法、美容クリニックで広く行われている仕上がり具合が美しい亀頭直下埋没法などが代表的です。
ほかにも美容クリニック独自の手術法がありますから、無料カウンセリングで十分に説明を受けるといいでしょう。
仮性包茎の場合は余分な皮を根元部分まで引っ張って縫合してむき癖をつけることで治療するという、皮を切除しない手術法もあります。

包茎治療のメリットとデメリット

真性包茎やカントン包茎は放置しておくと恥垢が溜まりやすく悪臭や炎症の原因となるだけではなく、性病にかかりやすいだけでなく陰茎ガンやパートナーへの子宮頸がんのリスクを高めるといった危険性があります。
またカントン包茎の場合亀頭の血流が悪くなって壊死してしまうという恐れもあります。
自分では矯正することができないことから、真性包茎やカントン包茎は必ずといっていいほど手術しておくべきものです。
一般に泌尿器科での手術は仕上がり具合に不満が残ることが多く、保険適用外で費用が高くついてもクリニックの方が美しく仕上がるものであることも考慮に入れることが大切です。
一方で仮性包茎は、日頃から自分でむき癖をつけることである程度は矯正することが可能です。
入浴時などに皮をめくって恥垢を洗い流すなどして清潔にすることで、包茎によるさまざまなリスクを軽減することができます。
仮性包茎の治療は泌尿器科で治療を受けても保険適用外であり、また手術を受けることで傷痕が多く残って後悔するというケースもありますので、あえて高額な費用を払って手術を受ける必要はないともいえます。
しかし仮性包茎も包茎の一種であることにはかわりなく、できればクリニックで治療を受けてスッキリとしたいものです。